会社の支払う人件費として、主に給与と外注費がありますが、この二つ 税務上の取扱いには大きな違いがあります。


(1)取扱上の違い
 ゝ詬拭
・源泉所得税の徴収対象となります。
 ・消費税は非課税
 ・労働保険、社会保険の対象となります。
 外注費 
・仕事の内容によっては、源泉所得税
の徴収対象にはなりません。
 ・消費税の課税対象
 以上のように、どちらに該当するかによって、消費税や、社会保険料の負担が大きく変わってきますので、両者の違いを理解しておく必要があります。

 
(2)給与と外注費とは
 ゝ詬
 ・俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与による所得。
・雇用契約、委任契約によります。
外注費
・支払を受ける側からみて事業所得
・ 請負契約によります。
(3)外注費とされる要件
 \舛栄蕕辰新戚鵑瞭睛討他人の代替ができること。
 ∋藩僂垢觝猯舛籠散颪、請け負った側が用意することとなっていること。
 台風、火災等により請け負った仕事が完遂できなかった場合、報酬が支払われない契約となっていること。
 ず邏箸鮨覆瓩討い上で、依頼者側の指揮監督を受けないこと。


 さらに、外注費として認められるためには、業務委託契約書を取り交わしておくこと、請求書、領収書の保存等により、外注費であることを明確にしておくことが、大切です。